2012.秋 知床の旅4~バスでのんびりと

今日は知床五湖へ行くことにしました。
その後の予定はバスの運行時刻と相談ということで出発。



(バスの運行本数が少ないので、滞在日数を多めに取りました。)

知床五湖に向かう途中のバスの中から。
e0213194_17484066.jpg

ここは海と山だけのところなんだなあと思う。

知床五湖へ到着。
季節によって違うようですが、湖を周遊する遊歩道を歩く時はレクチャーを受ける必要があるそうで
私が行ったときは10分間のレクチャー。
歩き方・ヒグマさんに出会ってしまったときの対処法など。

せっかくなので遊歩道一周歩く方を選びました。
いつの間にか静岡のご夫婦とご一緒させていただき、お互いに写真を撮りあったり。
後ろの山は知床連山。
e0213194_17541572.jpg

e0213194_17543494.jpg

途中、鹿さんに遭遇。
e0213194_17551378.jpg


この日はとてもいいお天気で、湖面がキラキラ光っていました。
e0213194_17555443.jpg

そうそう、羅臼岳が初冠雪だったそうです。

こちらは高架木道。電気柵が張ってあるので安全だそう。
ここだけの場合はレクチャーを受ける必要はありません。
e0213194_181271.jpg

今年は暖かくて、例年よりクマの出没時期が長かったそうです。

クマさんに出会う事なく、1周できました。

次は、羅臼の町が見たかったので。
知床峠を超えて、
バスの羅臼営業所で折り返すだけなのですが、
バスの旅を楽しんできました。
e0213194_1854286.jpg

知床峠から見た羅臼岳。

e0213194_1862564.jpg

e0213194_186482.jpg

海の向こうは国後島などがある北方領土。
景色はまあまあ見えた方でしょうか。

e0213194_1875556.jpg

羅臼の町。
知床とは気候も産業も違うようです。

帰りのバスは途中まで貸切状態で、バスの運転手さんとお喋りさせてもらいながら。
運転手さんがキタキツネを発見。

知床に戻ってきて、まだ時間があったのでフレペの滝へ。
ここもクマ目撃・注意!の情報があり、
一人でクマ鈴を鳴らし、歌を歌いながら滝の見える所まで歩きます。

帰り道、正面から鹿さんが。
私のほうが止まってしまいました(^^;)
草むらに入り、お食事。
e0213194_1891883.jpg


山の上から街へ戻る時に夕陽が見えました。
e0213194_18253919.jpg

心穏やかになるなあ。
地元の人も今日は夕陽がきれいだね~と話していました。
[PR]
by sedona-love | 2012-11-05 18:26 | | Comments(0)

Rumiです。旅、清木場俊介さんLIVE、日々のこと、綴っています。毎日の中にも幸せを感じてルンルン過ごそう♪


by sedona-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30