青森 帰省②

青森 帰省の続きです。





3日目。
今日は久しぶりに十三湖の方へ行ってみました。
行く途中に珍しい形の鳥居を発見。
二重鳥居になっています。どこか可愛らしい。
e0213194_1511090.jpg


十三湖のほとりに道の駅があり、ここでは十三湖で採れるしじみが購入できます。
安いし、大きい。
一般の方も有料でしじみ採りができるそう。
どこかでしじみラーメンを食べたかったのですが、まだお腹も空いてなくて、断念。

*私たちは十三湖を南下したのですが、逆に北上すると竜飛岬にいけます。
夏でも、青森市街地とはかなり気温が違ったのを記憶しています。
でも、見晴らしがよくて気持ちいいよ~。

車を走らせて・・・
「つがる市縄文住居展示資料館 カルコ」へ。
ここは竪穴式住居跡が復元されていて、男女の縄文ロボットが古代語で話しかけてきます。
↓これが楽しみだったの。古代語ってどんなだったのか?とても興味がありました。
e0213194_15312499.jpg

私は津軽弁はよくわかりませんが、(なかなか理解できない~^^;)
「マンズ=まあ」は今の言葉と変わらないかな。

縄文式土器や遮光器土偶の大きなレプリカもあります。
e0213194_15355120.jpg
e0213194_1536366.jpg

本物の土偶は東京の国立博物館に所蔵されているそうです。
遮光器土偶はもう何枚もの写真をUPしていますね。見飽きました?(失笑)

次は「木造亀ヶ岡考古資料室」へ。
名前からして何かマニアックな匂いがします。昔の学校を利用して展示しているようでした。
ここは、展示品の大半が個人寄贈の物でした。

以前のブログにも書きましたが、
縄文時代は争いのない平和な時代が1万年も続いたとの事。
これってすごいことだなあと思います。
またそういう時代がきますように☆

その歴史に触れる機会ができたこと、新たな青森を発見できたことに感謝☆

前日の夜に温泉に行ったら、柴谷さん(土偶作家の方)にお会いできて
先日のWSの話などしてきました。
MY土偶はもう少し時間かかりそうかな??超多忙らしいです。

あっという間の帰省でしたが、
日常を離れて 違う場所でいろいろな人と触れ合うのは楽しいです。

青森のねぶたのお祭りは
青森ねぶた・弘前ねぷた・五所川原のたちねぶたとあります。
それぞれ個性があって、東北のエネルギー・パワーを感じ、
日本のお祭りだなあと思います。
もし機会があったら一度訪ねてみてください(*^^*)

新青森駅ではねぶたの金魚が歓迎してくれていました。
e0213194_1663847.jpg


長くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます♪
[PR]
by sedona-love | 2012-08-09 16:12 | | Comments(0)

Rumiです。旅、清木場俊介さんLIVE、日々のこと、綴っています。毎日の中にも幸せを感じてルンルン過ごそう♪


by sedona-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30